プロフィール

細川雄一 Yuichi Hosokawa


一人の市民だからこそ、県民・市民の目線で物事を考え続けています。

かつて伊達政宗公が若林城を築き、城下町として発展してきた歴史を持つ若林区。
現在でも美しい町並みが広がり、緑の田園風景、広瀬川のせせらぎなど、今も昔も人と自然が共存を果たしている町です。

2011年3月11日、未曾有の大震災がこの地を襲いました。
津波による家屋の倒壊、人的被害や産業への打撃など、若林区は仙台市内でもとりわけ大きな被害を被りました。

それでも、人々は立ち上がり、今を力強く生きています。
この今を生きる強さ、そしてかつて持っていたすばらしい歴史や文化を、次世代へと責任を持って繋いでいきたいと強く感じています。
profile




profile_title
生年月日  昭和42年10月22日

出身地   新潟県新潟市

経歴
昭和55年3月  新潟市立新通小学校卒業
昭和58年3月  新潟市立坂井輪中学校卒業
昭和61年3月  新潟県立巻高等学校卒業

昭和61年4月〜平成19年3月
ホテルマンとして勤務
土井亨事務所で秘書として勤務
中野正志事務所で秘書として勤務

平成19年4月  宮城県議会議員初当選
平成23年11月  宮城県議会議員再選
平成27年10月  宮城県議会議員再選
現在 3期目
趣味  海釣り(カレイ等船釣り)
    スポーツ観戦(スポーツ全般)
    ミニテニス
 
地域活動
蒲町学区民体育振興会  会長
交通指導隊 七郷分隊  隊員
消防七郷分団 蒲町部  団員
交通安全協会 七郷支部 事務局
七郷農協青年部     部員
若林区少年野球連盟   事務局長

宮城県議会 在職歴
平成19年
・文教警察委員会
平成20年 
・建設企業委員会 副委員長 
平成21年
・産業経済委員会 
平成22年
・産業経済委員会 副委員長 
・議会改革推進会議
平成23年11月〜
・保健福祉委員会 副委員長
平成24年11月〜
・総務企画委員会 副委員長
平成25年11月〜
・文教警察委員会 委員長
平成26年11月〜
・環境生活農林水産委員会 副委員長
・6次産業化推進特別委員会 委員長
平成27年11月〜
・総務企画委員会 副委員長
・いじめ・不登校等調査特別委員会 委員
・議会運営委員会 副委員長
平成28年11月〜
・経済商工観光委員会
・大震災復興調査特別委員会
平成29年11月〜
・議会運営委員会
・保健福祉委員会
・障がい者福祉調査特別委員会




幼少期の自分
幼少期はよくいるようなテレビ大好きっ子で、いつも食らい付くようにテレビを観ており、
ときには両親に叱られることもありました。特によく観ていたのはニュース番組です。
当時はバラエティ番組自体が少なかったこともあるのですが、ニュース番組ばかり夢中で観ていました。
そこで国会議員や地方議員という人たちの存在を知りました。


政治家を志したきっかけ
仙台でホテルマンとして働いていた際に、ご縁があって県議会議員・衆議院議員の秘書を務めさせていただくことになりました。
この秘書の仕事を通して、政治が人々にどのような影響を与えるのかを、直に見てきました。
地域の皆さまの意見や要望を実現しようと奔走する議員の姿、それが実現したときの地域の皆さまの笑顔溢れる姿・・・。
こうしたものを間近で見ているうちに、自分もその輪に加わり、人々のために考え、行動し、走り続けていきたいという思いが強くなりました。
市民の皆さまの要望をひとつでも多く行政に反映させるために試行を重ね、この宮城をより暮らしやすい場所にすることを自身のミッションとし、政治家として生きることを志しました。




profile_name_sp
profile
profile_comment
かつて伊達政宗公が若林城を築き、城下町として発展してきた歴史を持つ若林区。現在でも美しい町並みが広がり、緑の田園風景、広瀬川のせせらぎなど、今も昔も人と自然が共存を果たしている町です。

2011年3月11日、未曾有の大震災がこの地を襲いました。津波による家屋の倒壊、人的被害や産業への打撃など、若林区は仙台市内でもとりわけ大きな被害を被りました。

それでも、人々は立ち上がり、今を力強く生きています。この今を生きる強さ、そしてかつて持っていたすばらしい歴史や文化を、次世代へと責任を持って繋いでいきたいと強く感じています。




profile_title
生年月日  昭和42年10月22日

出身地   新潟県新潟市

経歴
昭和55年3月  新潟市立新通小学校卒業
昭和58年3月  新潟市立坂井輪中学校卒業
昭和61年3月  新潟県立巻高等学校卒業

昭和61年4月〜平成19年3月
ホテルマンとして勤務
土井亨事務所で秘書として勤務
中野正志事務所で秘書として勤務

平成19年4月  宮城県議会議員初当選
平成23年11月  宮城県議会議員再選
平成27年10月  宮城県議会議員再選
現在 3期目

趣味  海釣り(カレイ等船釣り)
    スポーツ観戦(スポーツ全般)
    ミニテニス
 
地域活動
蒲町学区民体育振興会  会長
交通指導隊 七郷分隊  隊員
消防七郷分団 蒲町部  団員
交通安全協会 七郷支部 事務局
七郷農協青年部     部員
若林区少年野球連盟   事務局長

宮城県議会 在職歴
平成19年
・文教警察委員会
平成20年 
・建設企業委員会 副委員長 
平成21年
・産業経済委員会 
平成22年
・産業経済委員会 副委員長 
・議会改革推進会議
平成23年11月〜
・保健福祉委員会 副委員長
平成24年11月〜
・総務企画委員会 副委員長
平成25年11月〜
・文教警察委員会 委員長
平成26年11月〜
・環境生活農林水産委員会 副委員長
・6次産業化推進特別委員会 委員長
平成27年11月〜
・総務企画委員会 副委員長
・いじめ・不登校等調査特別委員会 委員
・議会運営委員会 副委員長
平成28年11月〜
・経済商工観光委員会
・大震災復興調査特別委員会
平成29年11月〜
・議会運営委員会
・保健福祉委員会
・障がい者福祉調査特別委員会





profile_child

幼少期はよくいるようなテレビ大好きっ子で
いつも食らい付くようにテレビを観ており、ときには両親に叱られることもありました。
特によく観ていたのはニュース番組です。
当時はバラエティ番組自体が少なかったこともあるのですが、ニュース番組ばかり夢中で観ていました。
そこで国会議員や地方議員という人たちの存在を知りました。


profile_trigger

仙台でホテルマンとして働いていた際に、ご縁があって県議会議員・衆議院議員の秘書を務めさせていただくことになりました。
この秘書の仕事を通して、政治が人々にどのような影響を与えるのかを、直に見てきました。
地域の皆さまの意見や要望を実現しようと奔走する議員の姿、それが実現したときの地域の皆さまの笑顔溢れる姿・・・。
こうしたものを間近で見ているうちに、自分もその輪に加わり、人々のために考え、行動し、走り続けていきたいという思いが強くなりました。
市民の皆さまの要望をひとつでも多く行政に反映させるために試行を重ね、この宮城をより暮らしやすい場所にすることを自身のミッションとし、政治家として生きることを志しました。